国内転売

Amazonアカウント小口出品と大口出品について

◆Amazonアカウント小口出品と大口出品の違いについて

 

こんにちは。りょーです。

 

 

 

本日は

Amazon出品アカウントの小口出品と大口出品のちがい

について解説していきます。

 

 

 

販売時の手数料など、利益に直結する内容に

なりますので、登録の際はしっかりと内容

しっかり理解して選択しましょう。

 

 

 

◆Amazon出品アカウント 小口出品と大口出品のちがい

 

Amazon出品アカウントの小口出品と
大口出品のちがいは以下のような違いがあります。

 

1

まず利用料についてですが、

大口出品者は月額4900円というのに対し、

小口出品の場合は基本成約料という、
商品が1点売れるごとの手数料(100円)がかかります。

 

 

月に50点ほど販売するのであれば

大口出品のほうがお得です!

 

 

 

また大口出品者は

出品したい商品のAmazonページが無い場合、
自身でカタログを作って販売する事が可能です。

小口出品者はすで商品ページがある商品しか

出品できません。

 

◆購入者に提供できる決済方法

 

購入者に提供できる決済方法については
小口出品アカウントが

「クレジットカード」
「Amazonギフト券」
「Amazonショッピングカード」
という3種類に対し、

 

大口出品アカウントは上記の他に

「コンビニ決済」
「代金引換」
「Edy払い」
「請求書払い」

という7種類の決済方法に対応しています。

意外と気にする方が多いです!

 

 

 

◆今すぐ出品できるカテゴリー

 

大口と小口では出品が可能な

カテゴリーにも違いがあります。

 

大口出品アカウントが・・・

書籍
文房具
オフィス用品
ミュージック
ホーム&キッチン
ビデオ
DIY・工具
車用品
DVD
おもちゃ&ホビー
PCソフト
スポーツ&アウトドア
TVゲーム
ベビー&マタニティ
エレクトロニクス
楽器
ドラッグストア
アパレル
シューズ
バッグ
コスメ
食品&飲料
ペット用品

という23カテゴリーに出品できるのに対して、
小口出品アカウントでは・・・

ドラッグストア
アパレル
シューズ
バッグ
コスメ
食品&飲料
ペット用品

これら7カテゴリーを除いた
16カテゴリーしか出品できないのです。

 

 

◆まとめ

 

本日は小口・大口アカウントの

違いやメリット・デメリットについて

ご紹介いたしました。

 

 

 

今後Amazonでの転売ビジネスを

行うのであれば私は大口アカウントでの

出品をお勧めいたします。

 

 

どの点を取っても大口で運営する

メリットの方が多いですし、長期的に見ても

確実に大口アカウントのほうがお得です!

 

 

 

   
ご購読頂きありがとうございます。

当ブログ限定の無料メルマガ、LINE@を発行しております。



表ではお話できないような

有料級のお話をメルマガで,LINE@でさせて頂いております。


メルマガ、LINE@登録はこちらからお願いします


 

裏メルマガ追加で稼げるヤバイ情報をゲット!

↓   ↓   ↓
コチラから登録できます。



大好評!公式LINE

あなたが稼げる情報をお届けします。


・LINE@登録者限定で即金で数十万稼げる情報



・時給1万円超え転売術



・日給1万円を完全自動で稼ぐ自動ツールの無料モニター権利



・月収100万円を最速で稼ぐマインド


をプレゼントいたします。

LINE@限定で稼げる情報をゲット!